メルライン 最安

MENU

記事1

▼意外にあなどれない! あごニキビの原因と対策

 

 

大人になってもニキビに悩まされ続けている人は多いと思います。
十代までのニキビは、思春期に伴うホルモンバランスの変化や、
皮脂の過剰分泌が原因だったため、皮脂対策を中心にしていた人が多いでしょう。

 

余分な皮脂を洗顔で落とすだけでも、ニキビ対策に効果があったという人もいるかもしれません。

 

しかし、二十代からのニキビ、いわゆる「大人ニキビ」は、十代までのそれとは
ちょっと性質が異なります。
これまでと同様に洗顔だけしていても、対策しきれないと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

ニキビができる原因が違えば、対策も変わってくるというもの。

 

ここでは、大人ニキビのうち、あごにできやすいあごニキビの原因と対策をご紹介しましょう。

 

あごまわりというのは、実はとってもニキビができやすい場所なのです。
あごは、Tゾーンにくらべて汗をかきにくいため乾燥しやすく、一方で、毛穴が小さく、
皮脂腺が多くて詰まりやすい、という特徴を持っています。

 

毛穴が小さくて皮脂が詰まりやすいのに、乾燥して角質が硬くなりやすいとくれば、
ニキビになりやすいということは、想像に難くないでしょう。

 

加えて、あごは手で触ってしまったり、髪の毛が当たるなどして雑菌もつきやすく、
できてしまったニキビが治りにくいという特徴があります。

 

こうした特徴を踏まえて、あごニキビ対策での重要なポイントは、ずばり保湿です。
顔のお肌の手入れをしっかりしているつもりでも、意外とあご周りやフェイスラインには
化粧水などが行き届いていないことも多いもの。
小鼻やおでこ、目の周りなどには専用のケア商品を使っていても、フェイスライン専用の
ケア商品を使っているという方はあまり多くないでしょう。
しっかりとフェイスラインのケアを意識して、たっぷり保湿してあげることが重要です。

 

保湿をすることで、角質がやわらかくなり、毛穴が詰まりにくくなりますし、
皮脂の過剰分泌を防いで、ニキビを予防することができます。

 

毎日のお手入れに、ジェルを一本加えるなど、検討してみてください。

 

 

▼ホルモンバランスの影響とあごニキビ

 

あごニキビの原因は乾燥のほかに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。
女性の場合、性周期によってホルモンバランスが変化しますが、
これによってお肌も影響を受けているのです。

 

生理前後にニキビができやすくなる、などという場合は、これが原因だと思われます。

 

女性の場合、「黄体ホルモン」と呼ばれるホルモンによって、皮脂の分泌が増えてしまうため、
ホルモンバランスの変化によってニキビができやすくなったりするのですね。

 

また、睡眠不足やストレス、お酒やタバコ、食生活の偏りなどといった生活習慣の乱れによっても
ホルモンバランスは乱れてしまいます。
具体的には、ステロイドホルモンや男性ホルモンの分泌が活発になるのですが、
このホルモンはどちらも皮脂の分泌を増加させる性質を持っているため、
ニキビができやすくなってしまうのです。

 

ホルモンバランスが乱れ、肌の調子が低下すると、肌のターンオーバーも正常に行われなくなります。
すると、角質層が厚く、硬くなり、手触りもごわごわになってきますし、
毛穴が詰まってニキビになりやすくなります。

 

なかでも特に影響を受けやすいのがあごです。

 

鼻などTゾーンの毛穴と見比べてみれば分かると思うのですが、
あごの毛穴はかなり小さくできています。
一方で、手や髪の毛先が触れたりすることで汚れやすい上に、皮脂腺が多く、
非常につまりやすい構造になっています。

 

あごは、ニキビができやすい場所なのですね。

 

そんなあごニキビに有効な対策は、ずばり保湿です。
ホルモンバランスの乱れとは一見関係ないように思われるかもしれませんが、
保湿をして肌をやわらかくすると、あごの毛穴の詰まりや、皮脂の過剰分泌を抑えるだけでなく、
肌のターンオーバーを正常化させることができます。

 

そうすることで、ホルモンバランスの変化による肌トラブルを、予防できるというわけです。

 

乾燥とホルモンバランスの乱れ。
ニキビの二大原因とも言えるこれらへの有効な対策法として、保湿が非常に重要だということが
お分かりいただけたかと思います。

 

ぜひ、あごニキビ専用のジェルの導入などを検討してみてください。
ベルタ酵素
フィトリフト
大人ニキビ

更新履歴